借金整理の現実

MENU

借金整理の現実

借金を借りる時はいかに返すかというより、いくらまで借りれるかという事が重要だと思って借りているようです。
主人の借金を整理していてわかった事実ですが、なぜか貸すほども余裕がない相手からも借りています。

 

貸す側の事情も理由も考慮するぐらいなら最初からきちんと返済をすることを考えているはずだし、
借りることなど到底不可能だと気づいてしまうはずです。

 

そして、使う理由も生活費と本人は言っていてもそれはごくわずかで大半は遊興代に消えているのだろうと思います。
少し欲を我慢すれば、借りる相手の事情を考えればという事が出来る人はそもそも借りずにやりくりができるはずです。

 

生活費という理由で貸してくれる相手に頭を下げてでも、
貸してもらいその後は返せないものは無理といって借金を踏み倒すこのパターンを繰り返していました。

 

貸す側も生活費が理由なら無理をしてでも貸そうかという気持ちになるので思いやりの気持ちを利用したむごい話です。
主人は極端な側の例かもしれませんが、お金を借りる時に同時に貸し借りで人間関係を壊してしまうかもしれないことを考えなければならないと思います。